予算内で利用できる舞妓体験コースを見つけよう

宿泊サイトのススメ

上手に活用しよう

hotel

舞を舞いたくなるような楽しい浜辺という趣旨と、アメリカのマイアミビーチにかけて名が付けられた「舞浜」。国内有数のテーマパークがある舞浜には、連日大勢の観光客が訪れます。また舞浜がある千葉県浦安市は、東京都とも隣接していることから都市部へのアクセスが大変良好です。テーマパークと東京都内の観光を両方楽しむならば、舞浜周辺のホテルで宿泊するのがおすすめです。最寄り駅である舞浜駅周辺のホテルの中には、テーマ−パークへの無料送迎バス運行している施設もあるのでありがたいです。しかも駅近なので東京都内へのアクセスも便利です。ただ、中にはできるだけ格安のホテルを利用したいという人もいるでしょう。格安で泊まれるホテルの中には3,000〜4,000円程度で泊まれる施設もあります。格安ホテルを探すには、コツと工夫が必要です。基本的には宿泊サイトの割引サービスを活用することが基本です。早割サービスや当日限定プランを利用すると、格安に泊まれます。ただし当日限定プランは部屋のキャンセルがなければ受け付けないので、繁忙期には避けたほうが無難かもしれません。最近ではクーポン券を発行する宿泊サイトが増えています。宿泊サイトの会員登録などが必要ですが、1,000円割引などの特典が受けられます。ただしクーポン券の利用条件を事前に確認すると良いでしょう。宿泊サイトはいつでもどこでも予約することができるので、まずはサービス内容をよく確認してみましょう。

願掛け目的で行う方が多い

社寺

皆さんは最近ブームになっている、札所巡礼をご存知ですか。札所巡礼は四国4県にある、お大師様が開いた八十八箇所霊場を巡礼する事で、先祖供養や家内安全などのご利益を受ける為に行うものです。一般的には四国遍路として知られており、最近ではストレス発散や観光目的で札所巡礼を行う方も多くいます。四国遍路は個人単独で旅を楽しみながら数十日間をかけて行う方もいれば、旅行会社が提供する旅行プランなどで行う方など、参加方法は様々です。個人単独で参加する場合は、自分の好きなルートで各札所を巡りながら、観光を兼ねて気ままに四国巡礼を行う事ができます。しかし、個人単独の場合は事前準備だけでも、かなりの労力が必要となるでしょう。でも旅行会社のお遍路ツアーであれば、宿泊場所や交通アクセスなどがセットになったお遍路プランが実施されております。このため、事前準備なども特に必要なく、容易に四国巡礼の旅ができる利点があり、利用者が急増中です。お遍路ツアーではお一人から団体まで受け付けており、主に大型観光バスで移動して札所巡りをしていきます。お遍路ツアーでは、一回きりの参加ですべての札所を巡る事ができるプランや、3日間程度の日程を複数回に分けて行うプランなど、旅行会社により特徴があります。時間の都合や自身の体調などを考慮して、適切なプランで無理なく四国巡礼する事が大切です。お遍路ツアーに興味がある方は、各旅行会社のプラン内容を見比べながら検討すると良いでしょう。

車両タイプ・サービス

乗り物

近年の夜行バスは、多くの業者が参入する事によって大幅に運賃が下がっていますが、大阪と東京を結ぶ路線も3千円前後で乗る事が可能となっています。運賃の価格帯は1万円台まで設定されており、高価格帯のバスの場合は乗車定員が少なめなのでラグジュアリータイプの座席で快適に過ごす事が出来ます。このバスは、1階が独立2列シート・2階が独立3列シートといった配置になっており、トイレも設置されているので安心です。なお、トイレに関しては一番安い価格帯以外はほぼ全てに設置されていると言っても良いでしょう(トイレ休憩はトイレの有無に関係なく2回前後行います)。大阪〜東京の夜行バスの移動は、8時間を超える長丁場ですので車内サービスが気になりますが、スマートフォンの普及によって車内で使用する方が多くいます。その需要に応える形で、車内には充電コンセント(USBポート・100vコンセント等)・無料wi-fiを整備する車両が増加しています。仮眠が取れない場合に音楽やラジオを聞く際に安心なので、大阪〜東京間の夜行バスに乗る際は充電器具持参をおすすめします。更に、差別化を図るためにテレビや空気清浄機を設置する会社も出てきており、快適な車内作りを各社が工夫しています。夜行バスはエアコンが常時作動している事が多いのですが、足元が冷えてしまわないようにブランケット・スリッパをほとんどの会社が導入しているので、それらを利用して快適に仮眠が出来るようにしましょう。大阪と東京の夜行バス移動は、早さでは新幹線・航空機よりも劣るものの6時台・7時台に大阪・東京に着く早着メリットがあるので、仕事や観光を早い時間帯からする事が出来ます。