予算内で利用できる舞妓体験コースを見つけよう

人気の旅行パック

弘法大師様と巡礼地へ

お遍路

旅行は誰しもが何かしらの目的を持って現地に行き、楽しむものだと思います。その地方の食材を使用した食事を楽しんだり、その地で有名な観光名所をまわったり、自然を楽しんだりと様々です。その中でも、近年注目を集めていて、人気が高い旅行目的がお遍路ツアーです。お遍路ツアーは、昔弘法大師が歩いたとされる四国にある八十八箇所もの霊場を行くツアーです。八十八箇所には、番号があり、順番にまわっても、逆からまわっても良いとされています。このお遍路ツアーが流行っている理由の一つに、八十八箇所各地がパワースポットという、行くとパワーがもらえる地として、言い伝えがあるからです。また、八十八箇所を徒歩でまわることにより、健康によいとされております。中には、人生に行き詰まった人や悩み事を抱えている人などが、自分探しの旅の地として選ぶことも多く、お遍路に参加する人の目的は人それぞれ違います。お遍路は主なルールや決まりごとはありませんが、実際にお遍路をしている人などを見つけると、大体の方が笠をかぶり、その笠には、「同行二人」と書かれています。これは、一人は、お遍路をしている自分自身、もう一人は、弘法大師を意味しています。つまり、お遍路とは、弘法大師様と二人三脚でいく、巡礼の旅を意味しているのです。お遍路ツアーは、どうしてもそれなりの人数で行くことになりますが、お遍路を行うそもそもの目的は変わらないので、笠の意に反しているわけではないので、大丈夫です。

どんな良さや魅力があるか

バス

長距離夜行バスの移動は若者・ビジネスマンを始めとした幅広い年齢層に人気が出ており、大阪と東京の移動に関しては数多くの便が運行されています。大阪と東京間の夜行バスの良さとしては、仮眠をしていれば目的地に着く・1泊分の宿泊費用が節約できる・他の交通機関の始発よりも早く到着する点があります。それ以外にも、5千円以内の格安運賃の設定や快適に乗車できる座席の質の高さも魅力的と言えます。なお、女性の場合は1人乗車をする場合は異性が隣に座ると心配に感じる事があると思いますが、隣席を女性にしたり女性専用エリアを設けている業者が多く存在します。大阪・東京間の夜行バスの代表的な予約方法は、インターネット・バスターミナル窓口でのチケット購入が一般的ですが、ネット購入の方が割引されている事があります。早期購入割引とネット割引を併用できる会社もあるので、お得に乗りたい場合はクレジットカード会員登録をしておく事をおすすめします。大阪と東京間の夜行バスで気になる点はトイレが車両にあるかですが、最も安いスタンダード4列タイプ以外はほとんどに付いているので、トイレが近い方でも安心して乗れます。なお、トイレなしの場合であっても休憩を高速道路のサービスエリア等で数回取るので問題なく過ごす事が出来ます(水分補給は控えめに)。夜行バスで過ごす時間は大半が就寝時間帯な事から、耳栓・アイマスク・ネックピローといったグッズを持って行くと仮眠がしっかり取れるので、持って行くと良いでしょう。

京都観光で舞妓さんを体験

舞妓

京都と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。清水寺や金閣寺などの観光地を考える人が多いと思いますが、舞妓さんを挙げる人もたくさんいるのではないでしょうか。舞妓さんと言えば優雅な身のこなしや華やかな衣装など、とても魅力的なイメージです。そんな舞妓さんに1日だけでもなることができたらとても素敵な体験になると思いませんか。実は京都祇園には舞妓体験ができるお店がたくさんあります。プロの方に舞妓さんのお化粧を施してもらえたり、かつらや綺麗な着物を実際に身につけて舞妓さん気分を満喫することができます。また、写真も撮影してもらえますので、自宅に帰ってからもじっくり見て楽しむことができます。お店によっては舞妓さん姿のまま京都の街を歩くプランなどもあります。この他にも、女性だけでなく男性も舞妓体験をすることができるお店もありますので、カップルなどにもおすすめです。また、年齢の制限などもありませんので、家族旅行の際に体験してみるのもよいかもしれません。カップルや家族と一緒の舞妓体験は、きっと一生の思い出になるのではないでしょうか。憧れの舞妓さんになって京都の町を散策できるという非日常的な時間が過ごせるため、舞妓体験は京都観光の一つとして、現在とても人気があります。その魅力から、リピーターになる人も数多くいます。お店やプランによって値段は異なりますが、おおよそ1万円から3万円前後に設定されているお店が多くなっています。興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。